<キャッシュバックサービスとは>

FX取引業者を紹介する仲介業者はIB(Introducing Broker)と呼ばれ、スプレッドや手数料収入の一部を報酬として受け取っています。キャッシュバックサービスとは、IBがこの報酬の一部を顧客に還元してくれる画期的なサービスです。
このキャッシュバックサービスはMT4用口座だけでなく、手動売買専用の口座でも適用されている場合もあります。
現在はキャッシュバック額に応じた上乗せボーナスが提供されています(コチラ)。

<The Aslan Groupについて>

前述のキャッシュバックサービスを提供しているカナダのIB。非常に紳士的で、顧客重視の姿勢をとってくれています。例えば、キャッシュバック率に関して高いレートを提示してくれたり、追加して欲しいブローカーの要望も受け付けてくれています。また、トラブル時にブローカーとの間を仲介してくれるなど、IBとしての基本業務も行ってくれています。

対応ブローカー&キャッシュバック率 → こちらの記事

現時点ではActiveTrades、Alpari UK, Alpari NZ, Dukascopy, FXDD(通常口座、Xtreme口座)、Forex.com UK、FXCM UK、Fx Solution UK、Go Markets, Pepperstone, TadawulFX、Think Forex, FxProで優遇レートが提供されています。
(※優遇レート適用は特に申請必要なし。また当サイトを経由・紹介する必要はありません。必要であればThe Aslan Groupに直接コンタクトください。私が聞いているのは日本からの場合のレートです(エリア設定あるようですが、他地域の情報は分かりません)。レートは要望に応じてもらえる場合あります。高ロットで売買するトレーダーでは個別交渉している人もいるようです。)

The Aslan Groupはブローカー採用に明確な基準を持っているため、顧客保護のためには対応不可となるブローカーもあります。

対応不可なブローカー → こちらの記事

よくいただく質問をまとめています。 → こちらの記事


内容に関して質問等ありましたら、The Aslan Groupに直接お問い合わせください。連絡先はtheaslangroup☆gmail.com(☆を@に変換)がありますが、海外サイト、PepperstoneのHPにあるアドレスでも問題ありません(連絡先についてはコチラもお読みください)。
私への連絡は右上のメールフォームにお願いします。(質問前によくある質問もご覧下さい)


※内容をお読みになる前に、注意・免責事項をよくお読み下さい。
※当サイトの情報はThe Aslan Groupに直接確認しています。なるべく正確な情報の記載を心がけていますが、時に情報が古くなっていたり、更新の遅れ、記載ミスがある場合があります(お気づきの点あればご連絡ください)。最新の情報を確認する場合は、ご自身でもThe Aslan Groupに直接ご確認ください(海外のサイトやPepperstoneのHPからでも直接コンタクトできます)。

2012年07月04日

FxProの重要ニュース スキャルEAの使用もOKに

The Aslan GroupのGavin氏からFxProに関する重要ニュースのアナウンスが届きましたね(記事にするのはここが最初かもしれません)。
「どういうこと?」というお話もいただいてますので、ここで簡単にまとめておきます。

事の発端は、FxProのあるキプロス共和国の最近の情勢に起因します。
キプロスがEUやIMFに金融支援を要請したとのニュースを受け、口座資金はこれから大丈夫なのか心配した人たちからの問い合わせがThe Aslan GroupのGavin氏に相次いだようです。

そこでGavin氏がFxProのChief Operating Officerに確認。
今回のメールはその結果報告のメールということです。
内容としては、顧客資産の保全に関してだけでなく、他にも幾つかポジティブなニュースがあったようですね。

以下に要点をまとめておきます。

1) 顧客資産の保全

− FxProは顧客資産はキプロスやギリシャといった国の銀行では一切保管していないとのこと。全ての資産はHSBCやBarclay's Bankといった非常に強固な金融機関で分別保管しているとのこと。

これは口座資産について心配していた人たちには朗報だったのではないかと思います。
きちんと対応をしているということですね。

2) 2012年7月1日よりFxProは純粋な「Agency Model」に移行する

− 従来までの「Dealing Desk」モデル(顧客の注文をブローカーが一旦受け入れる方式)から脱却、今後は全ての注文がブローカーを介さず直接市場に流される方式になるとのこと。顧客にとってより良い売買環境が提供されるようになるようです。

これは大きなニュースですね。
やはりDealing Desk(注文を一旦ブローカーが受け入れる)からNDD(注文はブローカーを通さず直接市場へ)への潮流はあるのでしょうかね。
遂にFxProも最近の流れに乗ると言うことですか。
この変化は、以下からの変更点の要因にもなっています。

3) 5分以内のキャッシュバック無効ルールが撤廃

− FxProについては、ポジション保有から5分以内の決済はキャッシュバック対象外でしたが、この度のAgency Modelの導入により、この5分以内の制限ルールが廃止されます。今後は数秒以内の決済であってもキャッシュバック可能になるようです。

これはFxProのキャッシュバックを受け取っている人には嬉しいニュースですね。
今までは受け取れなかった5分以内の決済分が受け取れるようになるということは、キャッシュバックが今までより増えてくる人がいるでしょうね。

4) EA制限を撤廃

− 過去にFxProがサーバー負荷の軽減を理由に、一部のEA利用者やトレーダーの売買を制限したことは記憶に新しいと思います。具体的には、アジア早朝スキャルEAの一部が対象だったと記憶しています。
これが、この度のAgency Modelの導入により、EA制限が撤廃されたとのことです。今後はどのようなEAでも制限なく使えるようになるようです。

FxProは根強い人気のあるブローカーであり、特にアジア早朝スキャルEAのユーザーには人気があります。過去のEA制限で仕方なく戦略の変更や撤退を余儀なくされたトレーダーも少なくないと思います。今回のEA制限撤廃は、そのような人たちにとっては待ちに待ったニュースと言えるでしょう。

5) cTraderのキャッシュバックも同時に受け取り可能に

− 手動売買用のECNプラットフォームであるcTraderについては、FxProが独自にキャッシュバックプログラムを提供し、顧客に直接支払うという形をとっていましたが、この度それが終了。今後はGavin氏から他のFxProのキャッシュバックと同様に提供されるようになるとのことです。
(cTraderは非常に低いスプレッドと手数料の手動売買を行うトレーダー/スキャルパーに適したプラットフォームとのこと)

6) FxProのキャッシュバックが増加予定

− FxProは今回の変更に伴い報酬体系を変更、それに合わせてGavin氏もキャッシュバックを見直すこととなり、更に高い毎月のキャッシュバックの提供を計画中とのこと。現在最終調整中であり、近いうちアナウンスされるようです。

以上が2012年7月3日に届いたThe Aslan GroupのGavin氏からのメールのまとめになります。
posted by gwd at 23:59| 【キャッシュバック】 FxPro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。