<キャッシュバックサービスとは>

FX取引業者を紹介する仲介業者はIB(Introducing Broker)と呼ばれ、スプレッドや手数料収入の一部を報酬として受け取っています。キャッシュバックサービスとは、IBがこの報酬の一部を顧客に還元してくれる画期的なサービスです。
このキャッシュバックサービスはMT4用口座だけでなく、手動売買専用の口座でも適用されている場合もあります。
現在はキャッシュバック額に応じた上乗せボーナスが提供されています(コチラ)。

<The Aslan Groupについて>

前述のキャッシュバックサービスを提供しているカナダのIB。非常に紳士的で、顧客重視の姿勢をとってくれています。例えば、キャッシュバック率に関して高いレートを提示してくれたり、追加して欲しいブローカーの要望も受け付けてくれています。また、トラブル時にブローカーとの間を仲介してくれるなど、IBとしての基本業務も行ってくれています。

対応ブローカー&キャッシュバック率 → こちらの記事

現時点ではActiveTrades、Alpari UK, Alpari NZ, Dukascopy, FXDD(通常口座、Xtreme口座)、Forex.com UK、FXCM UK、Fx Solution UK、Go Markets, Pepperstone, TadawulFX、Think Forex, FxProで優遇レートが提供されています。
(※優遇レート適用は特に申請必要なし。また当サイトを経由・紹介する必要はありません。必要であればThe Aslan Groupに直接コンタクトください。私が聞いているのは日本からの場合のレートです(エリア設定あるようですが、他地域の情報は分かりません)。レートは要望に応じてもらえる場合あります。高ロットで売買するトレーダーでは個別交渉している人もいるようです。)

The Aslan Groupはブローカー採用に明確な基準を持っているため、顧客保護のためには対応不可となるブローカーもあります。

対応不可なブローカー → こちらの記事

よくいただく質問をまとめています。 → こちらの記事


内容に関して質問等ありましたら、The Aslan Groupに直接お問い合わせください。連絡先はtheaslangroup☆gmail.com(☆を@に変換)がありますが、海外サイト、PepperstoneのHPにあるアドレスでも問題ありません(連絡先についてはコチラもお読みください)。
私への連絡は右上のメールフォームにお願いします。(質問前によくある質問もご覧下さい)


※内容をお読みになる前に、注意・免責事項をよくお読み下さい。
※当サイトの情報はThe Aslan Groupに直接確認しています。なるべく正確な情報の記載を心がけていますが、時に情報が古くなっていたり、更新の遅れ、記載ミスがある場合があります(お気づきの点あればご連絡ください)。最新の情報を確認する場合は、ご自身でもThe Aslan Groupに直接ご確認ください(海外のサイトやPepperstoneのHPからでも直接コンタクトできます)。

2012年08月15日

Pepperstoneが新システム「EDGE」をスタート!

本日8/15にPepperstoneから新たなシステム「EDGE」が発表されました。

Pepperstoneからのアナウンスによれば、

EDGEとは、最も包括的かつ高パフォーマンスなポートフォリオを組むFX取引テクノロジーを採用したシステムです。 高速約定、最狭スプレッドによる取引をお求めのトレーダーの方に最適な取引環境となっております。EDGE口座では、世界中で非常に人気の高いMT4プラットフォームを通したECN(Electronic Communications Network)取引を行って頂けます

とのことで、簡単に言えば、
現状より更に進化したシステムで、より優れた売買環境でトレードをできる
ということのようですね。

その具体的な内容としては、
• より狭いスプレッド
• 新ダークプール流動性
• 市場の深さ
• ワンクリック取引
• セキュアなクライアント・エリア
• 52の通貨ペア・スポットメタル取引
というように、様々な面での進化した取引が可能になっているようです。

口座のタイプとしては今までと同じStandardとRazorの2種類。
ただし、EDGEを利用できる口座を新たに手に入れる必要があるようです。

更に詳しい内容に関しては、PepperstoneのHPでも確認することができます。
PepperstoneのEDGEの日本語版英語版

日本語版はオリジナルの英語版に比べて、若干削られている部分があるので、英語OKな人は英語版も見ておくのが良いでしょう。(日本語版は所々原文と異なる書かれ方してるとこあるので、英語版が基本と考えるのが良いでしょう)

具体的には、英語版の下の方にある「Dark Pool Liquidity」と「Pepperstone Price Improvement (PPI)」以下が日本語版では省略されています。

ザックリ言えば、「Dark Pool Liquidity」はより懐の深いマーケットで売買可能(=スプレッド、注文執行の面でより有利ということ)、「Pepperstone Price Improvement (PPI)」は注文執行時により有利な条件の価格での執行を可能にするシステム(Advanced Trade-Routing Algorithms)があるということで良いかと。

他にも「最大12倍早い約定スピードと、最大10倍低いレイテンシの提供が可能となりました」など、サーバーや注文システムの面での進化がうかがえる話が色々書かれていているのですが、

自分が今回一番注目したのはこの点!
「FX注文板および流動性の分析が可能となりました。」

確認してみると、何と板表示が見られます!!
Pepperstone板表示.jpg

これには非常にビックリしました。
なぜなら、株ならともかく、為替の板表示なんて機関投資家くらいしか見られないと思っていたので。

これは特に裁量で売買されている人には新たな戦略を利用できる良い機会になるのではないでしょうか?

Pepperstoneは驚くべき素晴らしいサービスを提供し始めたものです。

肝心のEDGEの利用方法ですが、
・現在持っている口座をEDGEに移行する
・新しくEDGEの口座を手に入れる
の2つのパターンがあるようです。

現在持っている口座をEDGEに移行する場合については、コチラから手続き可能なようです。
移行とは言っても、結局は新たにEDGEを利用できる口座を開設するようで、それに対する資金移動などがスムーズにできるということのようです。

新しくEDGEの口座を手に入れる場合は、こちらのリンクが示されていたのですが、以前あった追加口座申請のパネルが無くなっているので、通常の口座手続きでするということですかね?
ただ、PepperstoneのHPからダイレクトだと、The Aslan Groupのようなキャッシュバックを受け取るIBを最初に設定できないので(一応、後から設定もできますが)、専用のリンクから新規口座開設するのが良いでしょう。

★ Pepperstoneのキャッシュバックは、PepperstoneのオフィシャルパートナーであるThe Aslan Groupが非常に高いキャッシュバック率でお得です。既に口座を持っている場合でもキャッシュバック受け取れます。詳しくはコチラ
posted by gwd at 22:45| 【キャッシュバック】 Pepperstone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。